主に舞台探訪、時々クイズ、たまに考察

咲-Saki-・阿知賀編・シノハユの舞台探訪やクイズ、考察、などなど

咲-Saki-&シノハユ

昨日2月18日はヤングガンガンの発売日ですが、残念ながら咲-saki- は休載です。

ということで、アニメ咲-saki-の2期を祈念して全国キャラの声優を想像してみました。
単行本7巻までに未掲載ですので、未読の方はネタバレ注意です。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

咲 ヨドバシのゴールドポイントカード・プラスに入会したので、これまで、アマゾンやゲマズで買ってたBD/DVDが売ってるか見に行きました。 結構品揃えは良くて、咲-saki-初回限定版も置いていました。(私は既に全巻持ってますので買いませんけど。) 売り場スタッフは、モモ・かじゅ一押しのようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに行ってきた咲-saki-の聖地巡礼(舞台探訪)の記録です。 改めて見ると。あちこち行ってるなぁ。 次は、暖かくなってからですが、岩手県宮守かな? っと、写真撮ったはずなのに、よく見たら「ふくよかにすこやかに」の扉絵と全国大会会場になってる東京国際フォーラムがないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コミック販売速報(http://comiclist.jp/index.php?p=n)によると、3月にも咲-saki-8巻は出ないようです。
7巻が昨年4月24日にでて、もう1年経ってしまいそうです。
9巻と同時発売になってしまうのか、それとも2期かOVAがあるのか、不安と期待に埋もれそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

少年ジャック 編集部 服部さん (「バクマン」より) 曰く
王道のバトル漫画に、まず大事なのは、
・読者が自然に入り込める世界観
→麻雀がメジャーになっている世界。サッカーや野球をイメージすれば理解しやすい。
・主人公がなぜ戦っているのか、共感できるはっきりした理由
→全国大会に出てお姉ちゃんと麻雀で話したい。
・かっこよく迫力があり何が起こっているかわかりやすいバトル
→咲の嶺上開花、衣の海底摸月など、麻雀を知らなくても凄いことが起きていることがわかる。
・主人公と同等かそれ以上に魅力的な敵キャラ
→主人公チームの清澄は、もちろん、龍門渕、風越女子、鶴賀のメンバーはどれも魅力的。
・できれば、かわいいヒロインがいると良い
Photo

・少しの笑いがあって泣くシーンがあるものが強い
→「こんな私で良ければ」
5bc59c81.jpg


うん、全部満たしてる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ