前回、咲-Saki-タグをつけるために、若干強引に咲-Saki-ネタをいれましたが、今回は咲-Saki-タグなしです。


麻雀を覚える時、牌の種類を覚えて、牌の組み合わせを理解して役を覚えて、なんとか和了ることができるようになったけど、なかなか勝てないなぁというのは、多くの人が経験することだと思います。

そこは数多く打つしかないわけですが、他の人が何を考えて何を選択したのかを知るのは、勉強になると思います。

ということで、自分の過去の牌譜を見て解説してみます。
探してみると私なんかよりもっと強い方達の牌譜が公開されていますが、解説されているようなものは少ないと思いますし、こういうのは強さに関係なくそれなりに役にたつと思うので、あえて書いてみました。






 
東1局0本場 東家25000点

E1-0-1


起家でドラ3つの親満コース、タコス優希みたいな幸先の良い配牌ですが、麻雀は役がないと和了れませんので、何で役を作るかが問題になります。
ツモが良ければ一番速そうなのは、發:麻雀王国 をもう2枚ツモるか1枚ツモってもう1枚をポンする發ドラ3でしょう。
または、九萬:麻雀王国を頭にした平和も良さそうです。その場合、三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二萬:麻雀王国または五萬:麻雀王国がくっついて一面子。六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七萬:麻雀王国が入って一面子。七筒:麻雀王国九筒:麻雀王国八筒:麻雀王国が入って一面子。五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国を引いて一面子。これで4面子1雀頭が揃います。ということで、要らないのは、西:麻雀王国二筒:麻雀王国三索:麻雀王国になります。タンヤオは、九萬:麻雀王国がドラなので狙いません。なので、(平和は鳴いたら成立しないので) 發:麻雀王国が2枚揃うまでは、鳴きは控えます。

E1-0-2

五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国で一面子できました。四索:麻雀王国を引いたら二索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国の3面待ちになるので、三索:麻雀王国はまだ捨てません。

E1-0-3

これだけ索子が横に伸びると、索子はたいてい活用できそうですし(例えば、一索:麻雀王国を引いたら一索:麻雀王国三索:麻雀王国五索赤:麻雀王国でリャンカンになって待ちが増えるので悪くない)、間八筒:麻雀王国待ちも六筒:麻雀王国を引いて五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国待ちに移行できることを考慮すると、そろそろ發:麻雀王国を見切っても良いでしょう。
ということで、これ以降、平和ができなければ立直をかける必要があるので、鳴くことは考えず面前で進めることになります。


E1-0-6

不要牌を2つツモ切りした後、ちょっと悩む牌を引きました。今考えるとツモ切りで良さそうですが、なぜか九筒:麻雀王国を切ってます。これはやっぱりミスかなぁ。

E1-0-8A

そうしているうちに、対面から立直がかかりました。一見すると筒子の染め手に見えるので筒子は切りにくいです。かといって、せっかくの親でベタオリするのもシャクなので安牌を切りながら回していきます。

E1-0-9

七筒:麻雀王国をツモ切りしておけば、ここでイーシャンテンになっているのでミスが響いています。

E1-0-9A

下家が対面に二索:麻雀王国で振り込んで5200点の支払い。筒子の染め手に見せかけて筋引っかけとは、なかなかやる感じです。

この局はミスはあったけど、失点なしでした。

東2局0本場に続きます。