Bebop Drone を買ったので、空撮旅行にきています。

一応、咲-Saki-コミック第13巻までに未収録の話ですので、ご注意ください。
(第14巻に掲載される見込み)



 
咲-Saki- や、シノハユで空撮した資料を基にした背景の場所はいくつかありますが、私がマルチコプターを買った方に咲-Saki-/シノハユ背景の空撮デビューをする場所としてお勧めするなら、前回の出雲玉造史跡公園か、今回の八ヶ岳自然文化園と思っています。
理由は、ある程度の広さが確保できているのに、人が少ないことです。八ヶ岳自然文化園は、ドッグランの施設があるので犬を連れている人は結構いるのですが、離れているので空撮の場所にはほとんどいません。 

咲-Saki-第133局「決闘」より

普通は元絵との比較のためにキャプチャーした画像を貼るのですが、今回は元の動画を公開します。


Bebop Drone には(他のマルチコプターも同じと思いますが) マイクが付いていないので、音声はありません。まぁ、付いてたとしても風によるノイズがうるさいだけだと思うので、これで良いと思います。

高度は、60mはいってるはずですけど、後から確認する方法はないkのかなぁ?

この日は、わりと風が強めだったのですが、安定して飛んでくれました。
ちなみに、風の強さはこんな感じです。


さすが、公式で風速40km/h(秒速になおすと11.1m/s)でも飛ばせる と言っている(直接リンクを張れなかったので、F.A.Q.の「風があっても Parrot Bebop Drone を飛ばせますか」を見てください) のは伊達ではありません。とは言っても やっぱり怖いので、風が強いときの飛行は慎重に判断するべきと思ってます。

下降時に左旋回しているのは、風のせいか操縦ミスのせいかはわかりません。それ以外はブレが少なくて、A.R. Drone2 より画像の安定性も格段に向上しています。
ということで、多少不満な点もなくはないですが(特にマニュアルの日本語の翻訳はちょっとヒドイと思います) 私はBebop Droneを気に入っています。

Bebop Droneの発売日が告知された時から、この日に八ヶ岳文化自然園に空撮に行くことを計画していたのですが、JOSRさんから八ヶ岳自然文化園のレストランがリニューアルオープンし、伝説ののどっちカレーが裏メニューにのると聞きました。


ということで、さっそく食べてきました。

P1020712

サラダバー(別料金)を付けました。長野らしくリンゴのドレッシングです。
のどっちのおもちを表す半熟玉子がとろとろで美味しいです。エトペンがあればもっと良いですね。

のどっちカレーはメニューには載っていませんが、既存のメニューの材料から作れるため、いつでもできるそうですので、食したい方は、スタッフの方に「のどっちカレーください」と頼んでみてください。


八ヶ岳自然文化園には、咲-Saki-コーナーが設置されています。
P1020717

交流ノートが設置されているので、私も一言書かせていただきました。