以前、「咲-Saki-阿知賀編」アニメの続きっていつやるんですか? という記事を書きました。
妄想全開の内容だったのですが、このブログで最高のツイート数をいただき、舞台探訪中心のこのブログの管理人としては、多少複雑です。

10月28日開催の咲フェスで阿知賀編第13話の放送日程と「咲-Saki-全国編」のテレビアニメ化決定が発表されました。
今回の記事は、答え合わせと、多くの人が気にしていると思う、「咲-Saki-全国編」は、どこまでやるのかを、また妄想全開で書き連ねてみようと思います。

話の都合上、まだコミックに掲載されていない話のことも出てきますので、ネタバレに注意してください。

Ws000225

なんて書きましたが、さすがにそれはありませんでした。
ただ、放送=地上波と思い込んでいて、AT-X を失念していたのはちょっと不覚。

「咲-Saki-全国編」放送開始は、阿知賀編第15話の放送が終わった後でしょう。第13話が12月24日23時30分~放送なので1月毎とすれば、2月の終わりごろになります。第16話までのページ数から推測して、12月の少年ガンガン掲載の第17話までが第5巻に収録、来年3月の少年カガンガン掲載の第20話までが第6巻に収録になりそうですので、第12話までと同様にまたアニメが漫画を追い抜く形になりそうです。

さて、多くの人が気にしているのは、「咲-Saki-全国編」アニメがいつ始まるのか、それから、1クールなのか?2クールなのか?ということでしょう。

まず、1クールか2クールかですが、1クールだと二回戦終了までがいいところですので、時系列では阿知賀編に追い着いただけとなります。ここはやっぱり2クールを期待したいところです。でも12月7日発売のヤングガンガン掲載の第106局「出撃」で準決勝の先鋒戦が始まったところです。

次回は休載ですので、来年1月から3連続掲載1休載のペースを続けると9月までで、第120局くらいまで、ページ数にして約200ページ=単行本1巻分くらいですので、2クール目をするには、少し物足りないです。

となると、結論は1つ、分割2クールしかないでしょう。
阿知賀編のコミック第5巻と本編のコミック第11巻が来年4月ごろ同時発売しそうな感じですので、やはり来年4月放送開始というのが、販売戦略上妥当でしょう。私の個人的な願望としては、2クール目は再来年6月~9月を希望します。そうすれば、実際にインターハイが行われている夏に放送がされるわけで、盛り上がること間違いないでしょう。


さて、そうなりますか、まずは阿知賀編の第13話を楽しみに待つことにします、といっても私はAT-Xを見ることはできませんので、早いうちに配信してほしいものです。
もう少し書きたいこともありますが、またいつかの機会に。